« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

2011年5月24日 (火)

GPS Recorder X (オリジナルの地図画像作成編)

いつもご利用有難うございます!

今回は、お客様よりお問い合わせ頂きました オリジナルの地図画像 の作成方法を取りまとめました。

http://www.kashmir3d.com/kash/kashget.html#kashmir3dsk

カシミール3Dスタータキット(フリーソフト)をご利用させて頂いております。この場を借りて御礼申し上げます。

上記サイトより、

1.カシミール3D Ver 8.9.1スタータキット  をダウンロードします。
    (カシミール3Dのダウンロードはこちら...)よりいけます。

2.編集-選択範囲を決める を選びます。
  その後、マウスドラッグで地図画像にしたい範囲を指定してください。

    ※地図はお客様で別途ご準備ください。

Sc2a_2 

3.地図範囲を指定したら「ツール - マップカッター - 切り出し」を選択してください。

Sc4a 

4.ダイアログが表示されるので、出力形式を「Google KMZ 形式」にしてOKボタンを押してください。

Sc3_2

この操作で選択したオリジナルの地図画像込みの kmz ファイルが作成されます。

GPS Recorder X では、このオリジナルの地図画像込みの kmz ファイルが取り込めますので、携帯の電波が届かない山岳地帯や海洋地域でも、常に地図画像を表示しながらGPSの位置情報をプロットして表示させることが出来ます。(オフラインマップ機能)

オフラインマップの機能は、従来の Google Map のリアルタイムダウンロード方式ではなく、利用者(ユーザー)様が独自にご準備された地図をもとに表示、記録を行っていく機能です。

このオフラインマップの機能は、GPS Recorder X の「設定」の機能から使えます。

設定された地図は、その圏内に入った時点で自動で切り替わるため、利用者側は気にする必要がありません。

また、重複したエリアの場合は、より中心に近い地図(詳細の地図)を優先表示しますので、GPSユーザーが移動していきながら徐々に詳しくなっていく地図を表示させるなんてことが出来ます。

また、面倒な地図の設定をなくすため、kmz ファイルよりインポートできる機能を搭載しています。

地図画像込みの kmz ファイルを iPhone & iPad 端末へメール送信して、添付ファイルを「GPS Recorder X 」から開くだけでOK!

これでGPSでの測定中は、携帯の電波に左右されず、ネットワークを気にしないで使えるようになりました。

Screenshot_20110217_213222

Screenshot_20110217_213240

Screenshot_20110217_213258

Gpsrec_520520

GPS Recorder X Ver 4.5

http://itunes.apple.com/jp/app/gps-recorder-x/id353482327?mt=8

よろしければ、お試しください。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »